STOPデ部

これが私の走る道

アサマスタークロスウォーク31km完歩!

アサマスタークロスウォーク当日。

午前中に、いつも通っている接骨院に行ってテーピング。

まだちょっと痛むのです...

f:id:shinobee320:20180819131824j:image

そして、パワーフード!玉林餅菓子店さんの大福と道明寺を調達。

もうこれ食べたら頑張れる!っていうルーティン。
f:id:shinobee320:20180819131837j:image

昼過ぎに、シャトルバスの出発場である、嬬恋村つつじの湯へ向かいます。

嬬恋キャベツマラソンぶり嬬恋村

なんだかんだ、嬬恋村へは走るためにしか来ませんね(笑)
f:id:shinobee320:20180819131801j:image

シャトルバスに乗って、スタート地点の小諸駅へ向かいます。(約1時間)
f:id:shinobee320:20180819131804j:image

小諸駅の会場に到着し、受付をします。

ゼッケン事前送付だったので受付って何するの?と思ったら、参加賞のバッジとウエストポーチをもらいました。
f:id:shinobee320:20180819131758j:image

まずは腹ごしらえ。

小諸駅前の蕎麦屋さんで「角煮そば」をさらっと流し込みます。
f:id:shinobee320:20180819131817j:image

前日の諏訪湖ランのときに、ラン友さんから

「レース前はシュークリームが良い!」というのを聞いたので、試しに...

会場に出ていたクレープ屋さんでバナナクレープmgmg

(結果的にクリームが良かったのかどうかは分からないけれど、悪くはないのかな?)
f:id:shinobee320:20180819131752j:image

会場では、演奏や準備運動、開会式等。
f:id:shinobee320:20180819131847j:image

ラン友さんや、お久しぶりの佐久の姐さんとも合流。

スタートを待ちます。
f:id:shinobee320:20180819131742j:image

みんなでカウントダウンしてスタート!
f:id:shinobee320:20180819131903j:image

スタートしてまず、反射リストバンドを受け取ります。

スタート後の混雑防止も兼ねているようです。
f:id:shinobee320:20180819131820j:image

小諸駅からいきなり上りw

ウォーク大会ですが、数人走る組がいたので、私ももちろん走ります。

高峰高原までの17km、ひたすら上りしかありませんww

高校生のイノセイくん、ダッシュで上っていきました。
f:id:shinobee320:20180819131748j:image

ラン友のさとるっちさんも軽快に上っていきます。

(17kmALL走られたそうです。変態!笑)
f:id:shinobee320:20180819131853j:image

浅間サンラインを過ぎ、夕空に。
f:id:shinobee320:20180819131834j:image

とにかく上りだけど、結構走れる感じ。
f:id:shinobee320:20180819131910j:image

5km過ぎたあたり、上から走って降りてくる人が居る...

やっぱりこの辺も変態ランナーが居るのね。なんて思ってすれ違ったら、ラン友のこーじーさんでした笑

 

高峰高原へと向かうチェリーパークラインは通行止めとなっていました。

普段だと車の走り屋さんもいる道なのですが、これなら安心。

たまに大会関係車が走っている程度でした。

ここからがながーく孤独な道のりとなります。
f:id:shinobee320:20180819131814j:image

暗くなってヘッデン点灯。

外灯も無く、なかなかの暗さ。

物音もほぼ無く、たまに街明かりや月明かりが見えます。

前後に人も居ないし、ひとりぼっち。

なかなかの肝試し感...

第1エイドは水だけだったので、スルー。

第2エイドでは、きゅうりのお漬物をいただきました。他にもスイカやトマトも。

第3エイドも水だけなので、スルー。

第4エイドでは、たくわんと梅干しをいただきました。

水分は自分で持っていったもので足りるくらい。

やはり中盤からめちゃ寒くなって、アームスリーブとジャケットと首元にバフ着用。

それでも寒くて、お腹痛くなるし、大変でした...
f:id:shinobee320:20180819131913j:image

山の上にポツンと見えている光のあるところが、高峰高原。

あの場所を目指します。

20代の頃には何度も通った高峰高原。

車でも上るのは大変だったのに、まさかこの道を自走で上ることになるとは。

 

真っ暗な道中、月や星が見えていました。

そんな星々を眺めながら、先月お亡くなりになった星の師匠のことを想いながら進みました。
f:id:shinobee320:20180819131755j:image

どんどん高峰高原の明かりが近づいてきます。

そして、後ろには壮大な夜景が!(写真撮り忘れ...)

17kmのチェックポイント、アサマ2000パークにとうちゃーく(20:35)。

全体で5番目、女子で1番目でした。(速さを競うレースではないですが)
f:id:shinobee320:20180819131900j:image
f:id:shinobee320:20180819131856j:image

豚汁とプチトマトをいただきまーす。

それから自分で持って行った豆大福を補給。
f:id:shinobee320:20180819131827j:image
f:id:shinobee320:20180819131811j:image

リスタートが22:00ということで、1時間半ほど待機。

ラン友さんたちとお喋りしながら待ちます。

そんなことしてるうちに、足がダルダル。汗も冷えて激寒。

22:00リスタート!

数人はダッシュでスタートします。私もそのうちの一人ですが。
f:id:shinobee320:20180819131745j:image

リスタート後、嬬恋へ向けての下りとなります。

最初の少しは、舗装路で、その後未舗装路。

砂利道を進みます。(そのためトレランシューズ使用しました)

やはり外灯も無く真っ暗で、ヘッデンと手持ちライトで足元を見ながら下ります。

もちろん下りなので、スピードも出ちゃうよね。

(キロ5分前後でしたw)

足元に注意しながら黙々と進んでいて、時計を見たら25km。

あれそんなに進んでたの...

あと6kmしかないじゃーん(笑)

下りのエイドは3箇所ありましたが、全て水のみだったのでスルー。

未舗装路が終わり、舗装路へ。

それでも辺りは真っ暗。

ヘッデンで周りを照らすと、キャベツ畑が広がっていました。

あまりにも星がキレイに見えていたので、ライトを消して、少し星空を眺めました。

天頂には天の川が濃く見えていて、アンドロメダ銀河も肉眼で確認できるほど。

満天の星空。スターウォークの名にふさわしい星空。

最後の2kmは、力を振り絞って走ります。

だんだん建物の明かりが見えてきました。

拍手で迎えられ、ゴール!
f:id:shinobee320:20180819131808j:image

完歩証と参加賞のキャベツを受け取ってご満悦w
f:id:shinobee320:20180819131844j:image
f:id:shinobee320:20180819131907j:image

ゴール後、キャベツ振る舞い!
f:id:shinobee320:20180819131840j:image

山盛りいただきました!やっぱ美味い!
f:id:shinobee320:20180819131830j:image
f:id:shinobee320:20180819131850j:image

ゴール地点が温泉っていうのが嬉しい!

しかもこの日は深夜特別営業。

汗を流し、冷えた体を温めます。

早い時間のゴールだったので、温泉もほぼ貸切状態w

そして、車で1時間ほどで帰宅。

まだ走れる余力もあったけれど、やはり時間が時間だったのでバタンきゅーzzz

 

ウォーク大会で走ってしまうのはあまり良くないのかもしれないけれど、とても良いコースだし、良い大会。

自分への挑戦にもなるし、安心して夜ランできるし。

また次回も参加したいと思える大会でした。

 

【備忘録】

◎装備

基本、佐久市強歩大会のときの服装を参考に。

Finetrackパワーメッシュ+Tシャツ+スリーブ+ノースのジャケット

skinsタイツ+ショートパンツ+靴下はタビオ5本指

シューズはテクニカの古いほう(後半の砂利道対策で、軽めのトレランシューズにして◎)

首元にバフ

ヘッドライト、手持ちの小さいライト

腹巻き(17km地点で着用、スタート時から付けておいても良かったかも)

 

◎ザックの中身

オレンジジュース300mlと麦茶300ml(エイドが結構多かったので、300ml1本で良かったかも)

塩飴

ジェル1本(不使用)

大福2個(1個だけ食べた)

ザックに光るブレスレットを装着。反射ブレス2本

 

公式の募集パンフレットより

f:id:shinobee320:20180819144210j:plain

帰りの小諸行きシャトルバスが、早くて3時発。

0時頃到着してから時間がもったいないので、早くゴール予定の方は、つつじの湯に車を停めて、スタート前のシャトルバスを利用するのがベスト。